若石健康法とは?

若石健康法の足揉み

若石健康法は世界三大リフレクソロジーのひとつ

英国式のベイリー、ドイツ式のマルカートと並んで台湾式の若石(じゃくせき)は世界三大リフレクソロジーの一つ。

そして、WHO(世界保健機関)が推奨する健康法です。
西洋リフレクソロジーをベースに、東洋医学(中国医学)の理論を取り入れた国際的なリフレクソロジーです。

若石は世界が認める健康法

・WHO(世界保健機構)がすすめる健康法
・世界50ヶ国以上に普及している
・欧米では医師など多くの医療資格者が学んでいる

若石健康法の歴史

若石健康法とは1970年代に台湾にキリスト教不況のため来ていたスイス人神父『ジョセフ・オイグスター』(台湾名=呉若石)氏が、リュウマチを患っていました。ある時、足を揉むと健康になれると書いてある本を読んで、自分で足を揉んで実践したところ、リュウマチが完治して、それをみんなに広めようと台湾全土で足うら健康法のブームに。 これを理論体系化して、1982年に国際若石健康研究会(陳茂雄:創会人、陳茂松:執行会長)が設立されました。若石健康法は、現在、世界50以上の国と地域に普及しており、1990年に行われた世界大会では、WHO(世界保健機関)より派遣されたDr.シーグリンド・ワインバーガー博士にも賞賛された。
若石健康法は脚部にある64ヶ所の反射区(一般にツボと呼ばれている部分)といわれるゾーンを刺激し、血液循環を促進したり、東洋医学を取り入れて、病気の予防や体質改善を図るのが特徴です。

若石健康法の特徴

「自分の健康は自分で守る」

若石健康法はただリフレクソロジーのお店にいって、月に1・2回揉まれれば良いという考え方はしていません。自分で毎日足をもんで、自分の力で健康になることを勧めています。

毎日自分で足を揉むのは、面倒だし、時間も掛かるし、やり方も良くわからない。

でも、「若石ローラーRMR」があれば簡単に、誰でも、短時間で、毎日足もみができるんです。

 

若石ローラー購入ページ

© 2020 若石ローラーRMR正規販売店・レンタル店 Powered by AFFINGER5